changetheのブログ(デュエマ)

このブログでは、デュエマや個人的に気になったことを書くブログです。

グリムの大会戦績

お久しぶりです。グリムです。
死ぬ気で数学赤点回避してました。すみません。
今回は近所のカードショップでのちっちゃい大会出てきたんで、そのことについて書こうと思います!

発端はとある友人でした。僕が家でのんびりゲームしてたら、いきなりLINE。何かと思って見てみると、「今日大会行こうぜ」
大会まではあと2時間、それまでに集合し昼飯を食い、16人の枠にエントリーしなきゃいけない。
急いでバッグにそこらへんにあったデッキケースブチ込んで家を出ました。
なんとか間に合いエントリー、会場で友人と談笑しながらふと思う。『あれ…?俺なんのデッキ持ってきたっけ…?』
恐る恐るデッキケースの中を確認。
入っていたのは…【星龍ベンゾ】。

やらかした。

でももうどうしようもないので、諦めてそれで出ることにしました。
「1戦勝てればいいなぁ。」そんなことを思いながらの戦績をご覧ください。

 

初戦 VS赤青ヘッド
星龍→ブライゼでデリートと鬼羅丸めくって勝利
圧倒的オーバーキルでした 愉悦!

2戦目 VS零龍速攻
星龍→完全不明引いて何もさせずに勝った
完全不明見えた瞬間相手さんが絶望してて、かわいそうになりましたね…(暗黒微笑)

決勝 VS赤単バイク(友人)
まさかの決勝進出にびっくりしてたら、相手が一緒に来た例の友人
札大事故起こした上に開幕相手のプーンギで手札から星龍撃てなくなって詰まされた!投了!無理!対あり!

ってな感じでしたね


ちなみにこの日一番楽しかった試合は、大会終了後そのまま友人の作ったデッキを色々試していたところ、初手ダーツデリート決めてワンキルしたやつでしたね!もう2人で死ぬほど笑ってました!


いやもう本当にめちゃくちゃ楽しかったです
やっぱり運ゲーっていいですね!僕は将来パチンカスにならないよう気をつけたいと思います!
皆もやってみてね!()

というわけで以上!グリムでした!
また次の記事でお会いしましょう!

赤青ジョーカーズミツッァイル

どうもチェンジザです。

更新が遅れてすみません。風邪を引いてたんで寝込んでいました。

赤緑バーンメアの後編はまだ書いてないので近日出します。

そんな中暇だったので結構ガチなデッキを組んできたんで紹介します。

デッキリスト

f:id:changethe:20201029232615j:plain

赤青ジョーカーズミッツァイル

 

 

・デッキ解説

今回組んだデッキは、約1年前多くの人に憎悪と絶望を与えたデッキのリペアとなっております。

殿堂に行ってしまったミサイルの穴埋めにスコーラー、ガンバトラーなどを加えて展開をサポートさせています。

基本的に2ターン目にハナコorザパンぷを立てて置き3ターン目にメラメラまたはザババンを1マナで使い、残った2マナと手札1枚をいけにえにマグナでGR召喚。使える能力を使うだけ使って4体ひねりジョー星。そこからどんどん回しミッツァイル、スコーラーなどを召喚し一斉にぶん殴るデッキです。

長々書いて見ずらいと思いますが回るときはとことん回ります。ですが、色事故も多々あり4ターン目や5ターン目にやっと回るといったこともあり正直安定性は、リペア前と比べ劣ります。

さらに盾がなく防御面は0に近いです。ですが攻撃面に全振りしているのでワンショットキル率はとても高いです。

回す上で大切なのは、1コスト呪文をいかに状況に応じて打つかです。

手札が揃っていればそのままOTK(ワンショットキル)を目指すのもありですし、逆に揃っていなくてメラメラなどでマグナ等を持ってこれる気がしないと思うなら1ターン置くのも手です。プレイング面が試されるので一人回しや調節もしたほうがいいかもしれません。

大会で戦えるかは正直自身がありません。理由は安定性がないのとプレイング難易度が高いのが挙げられます。プレイヤースキルはどうにかなるにしろ、安定性がそもそもないとなると実践的ではあまりないかもしれません。

最大の理由は、ドラグナーが環境にいることです。あいつらがはびこっている限り多分このデッキは日の目を浴びることはないと思います。ですが消えてくれさえいれば、行けると思う、、、、、多分。

・カード解説

メラメラ、ザババン・ジョーカーズ 4枚

初動の手札入れ替え、マグナに繋げる。後半も腐ることはほぼないので確実に4枚採用

セイレーン・コンチェルト 1枚

実質0コストの手札交換。マナに切り札級のカードを保存して後で持ってくることも可能なので採用。

花美師ハナコ 3枚

盾回収。盾に埋まってしまったミッツァイルやマグナなどのカードを持ってくる。

3枚なのでどこかの枠を削って4枚にするのもいいかも。

ザパンプ 4枚

2コストの呪文軽減してくれるジョーカーズ版のラブエルフィン。ヤッタレマンと比べ色があるのでそこが強み。

オケ狭間 官兵衛 4枚

基本的にメラメラなどの餌。でも手札が悪い時に頑張ってくれる。正直ハナコに枠を1枚譲ってもいいかも。

夢のジョー星 4枚

このデッキを回す上で必要不可欠。あんまり言う事がない。

フンバルさん/フンバ・フライ・ダイ 2枚

邪魔なメタクリーチャーを除去してくれる便利札。でも大体はマナ埋めと手札交換札。

超宮兵 マノミ 3枚

ドローソース。引けたらクソ強い。

魔神轟怒 万軍投 4枚

4枚確定枠。最強のGR呪文。全力で引け。

奇術師 ディール/「本日のラッキーナンバー」 1枚

クソカード。召喚と呪文を封じて1ターン延命できたりする。

ガンバトラーG7 2枚

ミサイルが来なかった時の代わり。スコーラーより出しやすい。

ジョジョジョ・マキシマム 1枚

OTKの申し子。

BAKUOOON ミッツァイル 1枚

言う事なし。

次元の嵐 スコーラー 2枚

ミサイルの代わり。出せれば確定EXターン。

 

GRは解説が必要なものだけします。

ゴッド・ガヨンダムなどはほぼテンプレだと思うのでパッチ・ネーターの採用理由を紹介します。

パッチネーターは出た時自壊して、トップ2枚をめくり任意でジョーカーズを1枚回収できます。

こいつの強いところは、ガヨンダムの捨てる効果を使いやすくするできます。捨てたいジョーカスがなくてもパッチの効果で持ってこれるので以外と器用な使い方ができます。

以上がカード解説となります。結構面白いデッキとなっており少しは実用性があるので、ぜひ組んでみてください。

多分今度また同じようなデッキを紹介すると思うのでぜひ。

 

では 以上チェンジザでした。

オススメデッキ前編

どうもチェンジザです。

今回は久しぶりのデュエマのデッキ紹介をします。

正直デッキがあまり思いつかなかったので今のおススメデッキを紹介します。

前後編に分けようと思うのであしからず。

前編 リスト紹介

後編 採用カード、差し替えカード紹介

↓デッキ

f:id:changethe:20201020002217j:plain

赤緑バーンメア

 

・バーンメアとは

このデッキを紹介するには、まず何のデッキか知る必要があります。

バーンメアとは、超天編最終弾に収録された「バーンメア・ザ・シルバー」が主軸としたデッキです。当時はドッカンデイヤーと同じく環境トップを陣取っていました。

しかも回すのはとても簡単で、2~3ターン目は主にマナブーストをして5マナ帯にして、4ターン目に踏み倒し呪文またはグレープ・ダールを出してバーンメアに繋げるのまでいきます。そうすれば後はGRクリーチャーが勝手になんかしてくれます。

このデッキは、勝率が高く当時元々高かったGRへのヘイトがさら高まった原因ともいえます。

ほんの少し時間は流れ、マリゴルド,ヨミジは温泉に浸かりGRへの殺意がマシマシになった今、弱いか否かと言われたら・・・

普通に強いしたまにcs優勝しています。おーん(^ω^)。

しかし今は、忌まわしきクロニクルデッキにちょい足しのぶっ壊れデッキが環境を蔓延り中々デッキを上手くまわせなくなっています。

なら短期決戦型にすればええじゃん。といった考えになり赤緑といった色事故の少ない2色にしました。

 

・デッキの回し方

基本的に回し方は同じで、4ターン目に起動しそのターン中に終わらせます。

トリガーが来てもバーンメアの展開力でカバー出来るので、スパーク系のトリガーが来ない限り基本的に止まりません。切り札MAXが採用されているので守りにも攻めにも使えます。メラビートが入っているのでダメ押しの1手に出来るので、たまに使えます。

もしCSで使うときはドラグナーに当たらないことを願いましょう。

モモキングを使うときは7マナくらい溜まってから使いましょう。

 

とこんな感じです。

次回は後編をやろうと思うので、まあ待っててください。

以上チェンジザでした。

 

 

 

 

 

チェンジザ日記

どうも稲妻の如く失踪した、チェンジザです。

すみません。書こうとしたら学校の方でテストがありまして、書けませんでした。

後はモンストの周回で忙しかったのもあるんですが

言い訳タイムはここまでにして・・・

今回の題はおススメ漫画らしいので、まあやります。

正直最近は漫画を見ていないのですが、風都探偵はおススメです。

仮面ライダーWの続編で、放送当時に深堀されなかった設定や新しいWの姿が見れるししかも話しが面白いので結構おススメです。

他に勧めたいのは、デスノートとかジョジョ7部くらいですかねぇ。

ガチで最近何も読んでいないのでよーわかりません。

まあ後は30巻くらいある漫画があれば1週間くらいは暇つぶしできますよ。

 

こんな感じですが疲れたんで許してください。

そういえばいつの間にかに、はてなブログで、タグの機能が増えたらしいですが全く知りませんでしたわ。

次は月曜日か火曜日に書こうと思います。

以上チェンジザでした。

 

チェンジザ日記

今週のお題「おじいちゃん・おばあちゃん」

どうも疾走な足で失踪する男です。お久しぶりです。

皆さんはおじいちゃん、おばあちゃんの思い出はありますか?

今回は僕の思い出の一部を書いていこうと思います。

 

生まれて早16年。高校生になってしまいました。

早い気もするし、やっとかとも思います。

おじいちゃんには、とてもお世話になった記憶があります。

お菓子売り場で、よく食玩をよく買ってもらっていましたし、おもちゃも貰っていました。

なんか滅茶苦茶貰った気がします。

最近はおじいちゃんの家に行くとお小遣いがもらえるので、デッキ作りに使ってしまします。

まあ使ったら使ったで金を貯めろと怒られますが、、、

今回は疲れたのでこんくらいで。少なくてすみません、、、

次は頑張って書きたいと思います。

以上チェンジザでした。

 

 

僕が弟と交換したカードTOP5

ども、グリムです!

突然ですがここで問題!なぜ数週間記事を書けなかったのでしょうか!

 

 

正解です!そう、定期テストで赤点を取りました!

えぇ、はい。軽く鬱になりかけていましたがなんとか復帰しました。がんばります!

とはいえまだ現在脳死中、新しいでっきは思いつかないので、今回も番外編的なやつでゆるしてくだせぇ。

 

てなわけで今回の企画紹介。

題して『僕が弟と交換したカードtop5』です。

内容に入る前に一つだけ先に言っておきます。僕が弟を脅したとかそんなことはないのでご安心を。弟が「交換しようぜ」とか「これ使わないからあげる」とかいってくるんです。マジです。

・僕の何週間も前のレート知識順なので価格の急落や暴落があったりして変わってるかもですが気にしないでください

 

【5位】サイバーKウォズレック

※1枚7~800円ちょいくらいした時。

たすかる。すごくたすかる。何って僕このとき前に記事で30円ストレージから買ったって言ったロマノフ2世の例のループ組んでいたんですよ。今でもありがたく使わせてもらっています。

 

【4位】次元龍覇 グレンモルト

これもすごく助かった。やっぱりドラグハート系のデッキって浪漫あるじゃないですか。僕結構すきなんですよね。

でも今では家に6枚あるなんて言えない。

 

【3位】龍装艦 チェンジザ

※バラギアラのパックが発売してすぐくらい。

すごいよねぇ…なんで持っていたのか聞いたら、友達に貰ったらしいです。友達どんな富豪だよ。

ちなみにこのとき、これと同時にシャコガイルとゴクガロイザーも貰ってきました。

マジでイカれてるって...

 

【2位】ボルシャックドラゴン/決闘者チャージャー×2

なんかもうこれ見せられたとき困惑しかなかったですよね。

ノーマルカード感覚でスリーブに入れずにそのまま弟のストレージにぶち込んでありました。キラじゃないからってそれはないやろ...

 

【1位】天命龍装ホーリーエンド/ナウ・オア・ネバー×2

もう何。どういうことなの。これが要らないって逆にうちの弟は今までどんなデュエマをしてきたの。まぁありがたく頂いて使っておりますけどもね...

 

とりあえず、弟には全身全霊をもってカードの大事さを教えていこうと思います。

 

さて、次回までにコンディション戻しておきます!久々に頭使ってデッキ考えてみるんで、楽しみにしててください!

ちなみにチェンジザが作ったと聞いて僕もTwitter始めてみました。今後使っていく予定なんで、よろしくお願いします。

【@DuelGrim】

それでは以上、グリムでした!

リアル所持ガチデッキ デッキ解説編

どうもチェンジザです。遅れました。やってしまったので頑張って書きます。

今回は前回の続きで、超次元、GRゾーンと主なデッキの回し方について解説していきます。

忘れそうなのでデッキリスト

f:id:changethe:20200810022837j:plain

まあ上から紹介します。前回の記事を見てない人は見てから来てください。

 

GRゾーン解説

クリスマⅢ 

緑が入っているなら取り敢えず入れる枠。序盤に出したらマナを増やしてくれて、中盤から終盤にかけてはマナ回収をしてくれる万能くん。

サザン・エー

ドロソ枠。これも腐りづらいので採用。マナドライブがクリスマ同様、ゆるゆるなので達成しやすい。

カット丙-二式

ピーピングハンデス持ちの奴。中盤あたりに活躍してくれる。相手の手札を枯らしてくれるので本当に便利。

シェイク・シャーク

出たときに1体止める。地味ながら活躍してくれる。

回収TE-10

呪文を墓地から持ってくるぶっ壊れ。たまーに墓地に落ちたダークネスを回収することがある。いると便利なカード

天啓CX-20

出たとき何故か3枚ドローする変態。相方のマリゴルドは天高くどこか遠くへ消えていたので、最近元気がない。なので励ましてあげよう。

超次元ゾーン

巨人の覚醒者セツダン

枠埋め。リバイブで仲良しのアンタッチャブルと一緒に出てくる。

変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード

↑同様。セツダンよりかは役割がある。

シルバー・ヴォルグ

ブロッカー。パワーが地味に高い。以上。

勝利セット

超次元が入ると大体枠埋めで入るいつものメンツ。

凶刃の覚醒者ダークネス・ガンヴィート

万能カード。相手のクリーチャーを1匹条件付き確定除去できる。覚醒条件もゆるいので強い。

超覚醒ラスト・ストームXX

い  つ  も  の

最強の枠埋め枠。極々たまーに出てくる。

以上がメインデッキ以外の解説です。

 

・デッキ解説

このデッキはコントロールデッキとなっており、じわじわ相手を追い込み、最終的に動きを制限して殴り勝つデッキとなっております。

動き自体は、

2、3ターン目にマナブースト

4ターン目にダークネスやドラグ変化を使い

5ターン目に本格的に動きます。

単純ですがカード、マナの使い所を間違えるとすぐに負けるので、基本的に全てのゾーンの状態を把握していなければなりません。ある意味コントロールデッキを初めて握る人には良いデッキかもしれません。

しかし速攻にはどうしても不利なので、トリガー頼みになってしまいます。そこだけは注意したいところです。

最近の傾向でバーンメアが強いのでドラグ変化はいい妨害札になります。万が一破壊されても回収や蘇生札は沢山あるので、うまく立ち回れると思います。ですが枚数が2枚と少ないので、母数を増やしても良いかもしれません。

ミラー対面ではデジルムカデが出ると不利になってくるので、相手にムカデを出させる余裕を作らせないのが、ミラー対面では自分有利に立ち回せるコツです。

長々書きましたがこんくらいです。

このリアル所持紹介はたまーにします。

もしかしたらこの記事に追記します。(多分しない)

以上チェンジザでした。